こころのホスピタル・古川グリーンヒルズ

                  摂食障害の相談室
 
摂食障害(過食・拒食)に悩んでいる方のために、精神科医がメールにて無料アドバイスを行っています。

守秘義務を厳守し、1997年から医療法人菅野愛生会 菅野 庸 が開設・運営しています。

普段お悩みになっている問題をメールでお寄せください。メールによる内観を行っております。

「摂食障害の相談室」の名称はここでしか使用できません。

 

当院における摂食障害治療の特徴

原則、院長が主治医となり、外来、入院とも担当いたします。

外来では月一回、入院ではほぼ毎日のように専門の管理栄養士の栄養指導があります。

入院病棟は摂食障害専用ではありませんが、経験年数が長いスタッフが多い病棟ですので、
患者さんの様々な要求に、スタッフが振り回されることは全くありません。

場合によっては症状や体力の程度に応じて、本人の同意による任意入院から、
ご家族の同意が必要な医療保護入院に切り替えることもあります。

精神科専門薬剤師も常駐しておりますので、服薬指導も随時行っております。

男女の臨床心理士がおりますので、心理検査で女性スタッフの希望があれば対応できます。

内科的に問題がある場合、当院の内科医の判断で近隣の病院への受診紹介も行います。

事前にメールでの相談も行っており、一般初診枠とは別に新患予約を取ることができます。

 

 

 メールの宛先 : yok@sm.rim.or.jp 


・摂食障害の相談室が産経新聞に取り上げられました。
  産経ニュースページはこちら
  掲載記事の抜粋はこちら

中枢性摂食異常症の診断基準を別ページにまとめてあります。

内観療法に関してはこちらをご覧ください。

摂食障害の相談室

【よくあるご質問 Q&A】
 
Q.メール相談には費用がいくらかかるのですか?
A.相談・メールによる内観には費用は一切かかりません。

Q.相談の内容を公開されたりしませんか?
A.当方は守秘義務を厳守しております。
ご本人のご承諾なくホームページ等で公開することはありません。

Q.どのような相談にのってもらえるのですか?
A.過食・拒食をはじめとして、気分がゆううつ、眠れないなどのご相談にも応じます。
まずは悩み事をメールでお送りください。

Q.どのくらいでお返事もらえますか?
A.通常は1週間内外でお返事を出しています。
2週間以上たってもお返事が届かない場合は、メールアドレスが違っている可能性が高いです。
実際にメールアドレスが間違っていて戻ってきてしまうことが多々あり、困っております。
その場合は、その旨再度メールでお問い合わせくださいますようお願いいたします。


Q.お返事がこないのですが。
A.こちらでは、遅くなっても必ずお返事しております。
上記でもふれていますが、2週間以上たってもお返事が届かない場合は、メールアドレスが違っている可能性が高いですので、その旨再度メールでお問い合わせください。
メールを送信される前に今一度ご自分のメールアドレスに間違いがないか、どうぞご確認ください。

ホーム | 個人情報の保護について | 採用情報 | お問い合わせ | サイトマップ | 関連リンク

 


All rights reserved. Copyright(c) 1997-2016 KANNO-AISEIKAI
企画・制作 医療法人菅野愛生会