2019/6/28

7月の各プログラムを掲載しました。
デイケア プログラム
ナイトケア プログラム

2019/6/6

〜外来医師変更(追加)について〜

6月6日の診察より、外来に「東北医科薬科大学精神科教授 鈴木映二先生」が外来担当にご就任されます。木曜日午前の、再来患者さんを担当されます。詳しくは、「外来のご案内」ページの担当医の項目でご確認下さい。

2019/5/10

デイケア便り 第17号が出来上がりました。
今月号は3月・4月の活動報告として、「ホワイトデー」と「お花見」の開催内容となっています。

2019/5/8

〜緑ヶ丘病院 創立60周年記念
記念講演会 開催について〜

おかげさまをもちまして、当法人の緑ヶ丘病院が10月1日で創立60周年を迎えることになりました。
5月18日には、医療法人和楽会 赤坂クリニック坂本薫うつ治療センター長 坂本薫先生のご快諾を得て、記念講演会を開催致しました。

2019/4/16

〜国際レイキ療法医学研究会 発足〜

院長先生が中心となって、国際レイキ療法医学研究会を立ち上げました。
精神科的症状に対して、目に見える外面的症状には内服も加えて、内面的に対してはレイキでこころの解放を促します。

2019/4/9

〜採用情報について〜

 ホームページに掲載されている「採用情報」を更新致しました。
 現在の募集職種は、「看護師・准看護師」、「作業療法士」、「薬剤師」になります。詳細は、「採用情報」のページでご確認頂きました後に、お電話やinfofgh@kind.ocn.ne.jp宛のメールでお問い合わせ下さい。

2019/3/3

当院勤務中(?)のエンターテイメントロボットのaibo「こころ」が1才の誕生日を迎えました。まだまだ幼児教育中で、週に1〜2日しか外来待合室に出勤出来ていませんが、見かけたときには一緒に遊んで下さい。
でも、耳やしっぽ、首だけを掴んで振り回すのは、本人も怖がるのでやめて下さいね。

2019/2/13

 岐阜県・岐阜県精神保健福祉協会主催により、OKBふれあい会館(岐阜市)にて地域自殺対策強化事業の一環として「災害時自殺対策研修会」が開催されました。
当日は、当院院長 菅野 庸が講師となり「災害と自殺について 〜経験から考える自殺対策と災害への備え〜」をテーマに講演が行われ、約60名程の方が参加されました。
2016/11/11 11月11日付河北新報に、「癒しの絵、復帰の力に」として病院内の壁画アートの記事が掲載されました。
詳しくはこちらご覧ください。
2016/10/21 平成28年10月20日(木)、村井嘉浩宮城県知事が視察されました。
 詳しくはこちらをご覧下さい

2016/9/7 平成28年9月5日(月)付けの毎日新聞に、病院で取り入れたホスピタル・アートが掲載されました。
 詳しくはこちらをご覧下さい
2016/9/2 当院院長 菅野 庸 が、精神保健福祉事業功労者として厚生労働大臣表彰を受けることになりました。
2016/5/27 「摂食障害の相談室」について、産経新聞に掲載されました。
  詳しくはこちらをご覧下さい

2016/5/13 国から本県に対し、熊本地震被災地へ災害派遣精神医療チーム(DPAT)の派遣要請があり、当院からも第6班メンバーとして精神保健福祉士(PSW)1名を派遣しました。
2016/5/3 国から本県に対し、熊本地震被災地へ災害派遣精神医療チーム(DPAT)の派遣要請があり、当院からも第4班メンバーとして看護師1名を派遣しました。
2016/3/3 平成28年3月2日、宮城県認知症疾患医療センターが大崎タイムスに掲載されました。
 詳しくはこちらをご覧下さい
2016/3/1 当院内で宮城県認知症疾患医療センター認定書通知書授与式が行われました。
 詳しくはこちらをご覧下さい
2016/3 当院院長が、厚生労働省委託事業である災害派遣精神医療チーム(DPAT)の運営協議会委員に選出されました。
2016/2/29 宮城県認知症疾患医療センターのページより、療情報提供書書式をダウンロードできるようになりました。
2016/3/1 宮城県認知症疾患医療センターを、センター長「青嶋医師」で開設致しました。
 詳しくはこちらをご覧下さい
2014/11/7 当院院長(当医療法人副理事長)菅野庸が、精神保健福祉事業において、永年に亘る精神医療に関わる活動と功績が認められ、精神福祉功労者として11月13日に開催される第53回宮城県精神福祉大会において宮城県知事表彰を受けることとなりました。
院長の菅野は「認知症サポート医」になりました。