病院のご案内
診療のご案内
外来のご案内
入院のご案内
お見舞いの方へ
アクセス
フロア図 施設のご案内
院内各部門のご紹介

トピックス

宮城県認知症疾患医療センター

DPAT事務局へのリンク

(外部サイト)

  DPAT事務局

 

お問い合せ
こころのホスピタル・古川グリーンヒルズ〒989-6156
宮城県大崎市古川西館3-6-60
代表電話 0229-22-1190
FAX  0229-24-2521
Mail infofgh@kind.ocn.ne.jp >> 詳細・地図はこちらから

医療法人菅野愛生会 こころのホスピタル・古川グリーンヒルズ
 

当院では、窓口での支払いに上記のクレジットカードや銀行のキャッシュカードを、ご利用いただくことができます。

古川緑ヶ丘病院について

ホーム > こころのホスピタル・古川グリーンヒルズについて

我々のビジョン

「こころの病」に対して地域基幹病院を目指し、精神医療および精神保健、介護福祉などの質の向上ならびに地域医療福祉ネットワークの形成に貢献する。
                     ▼
@「こころの病」は誰にでもおこりうることを念頭に、
            それによって偏見や差別を受けることがないような社会を目指す。
A若年者から高齢者までのすべての世代の「こころの病」に対して
      高の医療を提供し、できるだけ早期の社会復帰が可能となるようお手伝いする。

我々のミッション

「こころの病」に急性期から寛解期まで一貫した精神医療福祉サービスを提供する
・退院促進事業を展開し、退院後の訪問看護を含めた総合的な地域医療体制を確立する。
・高齢社会を迎え、認知症対策を含めた高齢者医療の中心的医療機関を目指す。

院長プロフィール

S37.2 医療法人宮城精神衛生会 設立認可
S37.2 医療法人宮城精神衛生会 古川緑ヶ丘病院 開設
古川市宮袋字経檀12番地
6室28床(うち1室1床を保護室)
S37.3 病室17室55床(うち2室2床を保護室)に増床
S40.7 病院新築移転(古川市稲葉字立江32番地)
10室103床(うち3室3床を保護室)
S47.6 増改築工事 12室153床に増床
H2.4 同敷地内に、医療法人宮城精神衛生会 老人保健施設 菅野愛生園 開設
入所定員66人(うち短期入所定員6人)
H2.11 増改築工事
31室164床に増床
H8.3 医療法人菅野愛生会 緑ヶ丘病院との法人合併により、
医療法人菅野愛生会 古川緑ヶ丘病院となる
H11.5 老人保健施設菅野愛生園を廃止し、老人性痴呆疾患療養病棟に変更
H12.2 増改築工事 総病床数 240床
H25.8 病院新築工事 開始
H27.1 新病棟240床 完成
H27.6 病院名変更「古川緑ヶ丘病院」から「こころのホスピタル・古川グリーンヒルズ」となる
H27.11 新外来棟 完成
H28.3 宮城県認知症疾患医療センター 開設
H28.5 病院新築工事 竣工
H31.3 外来診察室改修工事 竣工

 

ページの先頭へ戻る

院長プロフィール

菅野 庸(かんの よう)

宮城県生まれ。東北大学医学部精神神経科医員を経て、医療法人菅野愛生会緑ヶ丘病院に勤務。2007年、医療法人菅野愛生会古川緑ヶ丘病院(現:こころのホスピタル・古川グリーンヒルズ)院長となる。

ネット上で1997年より「摂食障害の相談室」を運営しメール相談を24時間受け付けている。2016年に入っても、全国で日本摂食障害学会会員の医師がネットで摂食障害の対応を行っているところは少ない。日本摂食障害入院治療研究所主宰。

院長の取得資格
・厚生労働省 精神保健指定医
・日本精神神経学会 精神科専門医、同指導医
(当院は同学会の専門医研修施設です。)
・日本精神科病院協会 認定精神科医、同指導医
・ICD(日本感染症学会)
・認知症サポート医
・日本スポーツ協会公認スポーツドクター
・日本医師会認定産業医、同認定健康スポーツ医
・仙台大学 客員教授
・東北医科薬科大学 精神科臨床教授

 

経歴
  • 平成 3年 川崎医大卒、医師免許取得
  • 平成 5年 東北大学医学部精神科
  • 平成 9年 医療法人菅野愛生会緑ヶ丘病院
  • 平成 17年 緑ヶ丘病院 副院長
  • 平成 19年 古川緑ヶ丘病院(現:こころのホスピタ
           ル・古川グリーンヒルズ)院長
photo